自分の臭いケア、怠っていませんか?

この質問に、口臭やワキの臭い、汗の臭い、足の臭いなどはすぐ頭に思い浮かぶはず。
でも、じゃあ、デリケートゾーンの臭いのケアはどうしてますか??

舐められるのってみんな好きですよね?

大好きな彼にSEXの時に丁寧に愛撫されると幸せを感じますよね。
特に、恥ずかしい部分を舐められると、気持ちよさでイッてしまいそうになるほど。

実は71%の男性が、女性のデリケートゾーンの臭いが気になると答えています。
男性とのSEXの前に、女性はムダ毛を気にして、準備万端!でも、
男性はムダ毛よりも、アソコの臭いのほうが気になるのです。
男性側になって考えてみると…。そうですよね、臭いが気になると、
気持ちも萎えてしまうし、次からしたくなくなるのが本音。

“全てにおいて準備万端に挑んでも、なぜか彼はあまりアソコに時間をかけようと
してくれない。”
“おねだりしても、スルーされてしまう”思い当たる方は、ムダ毛のお手入れだけでなく、
デリケートゾーンの臭いのお手入れが必要かもしれません。

お風呂に入ってるのにどうして臭うの?

デリケートゾーンは、おりものなどの分泌物[恥垢]や、尿がこびりついて汚れて
しまい、放っておくと、どうしても臭ってしまうんです。
デリケートゾーン部分には、アポクリン汗腺という、アンモニアなど雑菌にとって
栄養豊富な汗が分泌されます。
また、デリケートゾーンは高温多湿な為、雑菌が繁殖しやすい環境にあると言えます。

ですので、なるだけ(特に春から夏の汗ばむ季節や生理中)通気性の良い下着を身につけ
汗をかいたり、生理中や、おりもので汚れた時などは、可能な限り下着をかえて、
なるべく清潔に保ちましょう。

ケア方法

デリケートゾーンは皮膚が薄く、粘膜も多いので
石鹸やボディソープを泡立てて、優しく洗ってあげてください。
ただ、注意してほしいのは、細かい部分に垢や汚れが溜まりやすいので
指の腹を使って、傷つけないようにしっかり優しく洗います。
前から順に、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分と洗って、最後に肛門、の順に
洗っていきましょう。

ただ、“丁寧に毎日洗っているのに、臭いが気になる”
“市販のボディソープだと、かゆくなる”市販のボディソープでは必要な菌や潤いまで取り除かれてしまい、ますます臭いの原因になってしまうようです。
更に、そのまま放っておくと、臭いだけでなく、黒ずみになる原因にもなるようです。

特に、座りっぱなしの生活や、下着の締め付け、ナプキンを使うだけでも
肌は敏感に反応して、守ろうとして臭いの元のメラニンを発生させてしまいます。

臭いだけでなく、黒ずみも気になるところ。
この黒ずみを改善する方法として、下着の選び方。
入浴以外ではずっと身につけている下着や衣類は、デリケートゾーンに刺激を与えています。
自分に合った下着のサイズや形、素材を見なおしてみましょう。
サイズがきつく、強く締め付けてしまっている形のものが、強く当たる為に黒ずんで
きてしまいます。
コットンやシルクといった、吸湿速乾のある素材だと、肌への刺激が少なく、
通気性が良いので、オススメです。

今からでも遅くない!

そこで、多くのデリケートゾーンの臭いや黒ずみの悩みを持つ女性が愛用しているのが
[ジャムウ・ハーバルソープ]です。インドネシアの伝統的なハーブを使用した
自然派石鹸で、パーム油がベースになっています。
デリケートゾーンに、ジャムウソープで泡パックを3分。
臭いだけでなく、黒ずみも除去してくれるチカラがあるので、
乳首や乳輪、ワキや、∨ラインの黒ずみもキレイにしてくれて、
“キレイなピンクになった乳首で嬉しい!”
“彼にずっとアソコを撫でられていました。”という声もよく聞きます。
特に敏感肌の方は、一度試してみてくださいね。

デリケートゾーンを洗う注意点として、膣内まで指を入れて洗う必要はありません。
膣内は病原体や雑菌の侵入や繁殖を防いでいます。
毎日石鹸で洗ってしまうと、膣炎になる可能性があるので、注意して下さい。

嫌な臭いや黒ずみとおさらばして、
これ以上ないくらい、気持ち良い素敵な時間を彼と一緒に過ごしてくださいね。