相手の事を大切に想うから…カラダを重ねる度に良くなる二人のセックス

恵里菜は下着姿でベッドに上がると雄斗に背を向けて座る。

雄斗はブラを外すと後ろから胸に手を回した。

付き合ったばかりと変わらずラブラブだけど、私達は付き合ってもう二年になる。

お互いの感じる場所はちゃんと知ってるのだ。

だけど雄斗は私の一番感じる所を触ってくれない。

柔らかい胸を優しく揉んで、円を書くように乳輪をなぞる。だけど…

「ね…乳首も触って?」

体をくねらせて恵里菜は吐息混じりにおねだりする。

それでも雄斗の指はそれ以上進もうとはしない。

「ねぇってば…」

「しゃーないなぁ…触ったるから、よう見とき」

雄斗は首筋を舐めながら期待に高まり硬さを帯びた先端へ指を伸ばす。

「っんんんっ、はぁ…」

雄斗の指が乳首を捉える。

指の腹が敏感な先端をこしょこしょとくすぐる。

乳輪ごときゅっと摘まれると恵里菜の体がヒクン、と震えた。。

「あ…んん…」

恵里菜は艶っぽい嬌声を上げながらいつの間にか瞳を閉じて快感に没頭している。

「あっ!いた…っ」

乳首を強く摘んで引っ張られ、丸い胸がいびつに歪む。

恵里菜も僅かに顔を歪めて声を上げた。

「ん?痛い?」

背後からニヤついた雄斗の、からかう様な声。

トップ10(本日累計)