仲直りエッチの暗黙ルール♪ケンカの後は素直になれない2人だから…

俺達の間にはルールがある。

明確な約束をしたかどうか定かではない、暗黙のルールのようなものでいつからそれが私達の間で決まり事になったのかも覚えていないけれどとても大事な約束なのだ。

他のカップルや夫婦の間にも似たような約束はあると思うしありきたりなものだけれど喧嘩の後は心から愛しあう、言わば“仲直りH”。

20代前半の俺達はまだ若くていつも上手なコミュニケーションをとれるわけではないし主張が食い違って面倒なやりとりをすることもしばしば。

だからこそこういう決まり事が二人の間を結ぶ。

彼女、玲奈は時々部屋を出て行く。

一緒に生活しているのだから出て行った所で彼女が向かう先など友達の家かカラオケかネットカフェ位しかないにも関わらず、玲奈にとってその行動は昂った怒りを落ち着かせるのに必要なプロセスなのだろう、喧嘩が酷くなると勢いに任せて玄関を飛び出していく。

それでも俺が彼女の後ろ姿を追ったり街を探しまわったりしないのは必ず戻ってくるとわかっているからだ。

それは甘えかもしれないし驕りや思い上がりかもしれないけど事実、アパートの廊下を叩く彼女のヒールの音がこの部屋に向かっている。

女性向け官能小説トップ10(本日累計)

まだデータがありません。