汗をかく季節になってくると特に気になるのが、アソコのニオイ。
思った以上に、アソコのニオイが気になる…という悩みを持つ女性が多いのです。

『トイレで自分のニオイにウワッときてしまって…。どうしよう、ヤバイですよね~』という
後輩もいました。意外とみんな、恥ずかしくて言わないだけで、彼とのエッチ前にかならず
シャワーを浴びるのは、アソコのニオイを消す為…というコ、多いみたいです!

『私のアソコを舐め始めて、ふと動きが止まったかと思うと、あっさりやめてしまった』という
心当たりがある女性、要注意です!

70%を超える男性が、女性のアソコのニオイにドン引きした経験があるそうです。
『いやいや、私は毎日キレイに洗っているし、清潔にしているからそんな事はないはず~』と
思っている、そこのアナタ!

一般的な石鹸やボディソープで、やみくもにゴシゴシ洗っていませんか?

それだけで、安心していませんか?
デリケートゾーンって、粘膜で覆われたとても敏感な部分です。
市販のアルカリ性の強いボディソープでゴシゴシ洗ってしまうと、必要な菌まで剥がれてしまい、ますます悪臭の原因になります。
さらに必要な粘膜までなくなると雑菌が入りやすくなり、ニオイだけでなく肌の黒ずみの原因にもなるんです。
もしかしたら…アナタのケア方法、間違っているかもしれません。

そこで、今回は彼に愛されるアソコになるために!正しいケア方法を学びましょう☆

女性のデリケートゾーンは、前から後ろに向けて洗っていくのが基本。
前は陰部の部分で後ろは肛門です。

陰部部分は、実は脇などと同じく陰毛が生えている恥丘から大陰唇の周辺にかけてはアポクリン腺があり、ワキガと同じくニオイが発生する部分だそうです。
また、蒸れやすく細菌が繁殖しやすくオシッコが付着することもありオシッコのニオイがする女性も多くいるとの事!
お手洗いの時のケアの怠りが、あとあとニオイになってしまうというのも原因のひとつなんですね!

陰毛の面積を減らしたり、短くカットしたりすることで細菌の繁殖を抑える効果があります。
でも、普通にハサミやカミソリなどでカットしてしまうと私の友人のように
“はさみで短くカットしたはいいけど、そのあととにかくチクチクするし、彼もチクチクして痛いと言い出すしパンツから毛がチクチク出てしまった”と、かなり残念な結果になりかねません。
LCラブコスメから出ているアンダーヘア用の“∨ライントリマーLCオリジナル”はいかがですか?
アンダー専用のヒートカッターで、熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットしてくれるので、
チクチクの心配の必要がありません!しかも、清潔感のある約7mm程度の長さに整えられます。
これさえあれば、切り過ぎる心配もないし、安心です。
毛先が丸くカットされるので、チクチクしなくて彼も喜ぶという事ですね!!

消臭効果のある低刺激のデリケートゾーン専用の石鹸で念入りに洗って下さい。
デリケートゾーン専用の石鹸って、どこに売ってるの?という方へ。
LCラブコスメから、売れ筋NO.1商品で販売されている“ジャムウハーバルソープ”
がオススメです。
保存料・安定剤等は一切使用されておらず
パーム油ベースの素朴な石鹸素地で、日本女性の肌質に合わせて製造されています。
他にヤシ油、カミツレ油、アロエベラなどを配合した自然派石鹸です。
この石鹸がニオイの元、古い角質による黒ずみをケアしてくれます。

エッチ前のシャワー以外での日常では案外簡単に、ササッと洗ってしまう女性も多くいるようですが、毛根周辺にニオイが残ってしまったりするようなので、
そこは毎日丁寧に洗いましょう!
夏の季節になると、CMや雑誌などでとにかく脇のニオイのケアはこれでもかって位飛び交いますが脇と同じくらい、いやいや、それ以上に、アソコのケアはもっと敏感に、丁寧にケアして
いかなければ危険ですよ~!!

ちなみに、日々のケアをきちんとしていれば95%の女性がエッチの間はソープのニオイが残り、相手に不快な思いをさせなくて済むようです。

さて、陰毛のお次は性器の外側、外陰部を洗います。
この部分は、ホントにデリケートな部分で、刺激にも敏感で粘膜もあるのでとにかく丁寧に、優しく洗う事が大切です。
デリケートゾーン専用の石鹸を泡立て用のネットなどで十分に泡立てて、クリトリスの周辺から洗います。
爪をたてずに、指の腹で洗いましょう。この部分に恥垢が溜まりやすいので、
普段丁寧に洗っていない女性は、どうやらここがニオイの原因になっているようです。
日頃から、キレイに洗っているほうが、自分自身も気持ちが良いはず!
『あ、私そこまで丁寧に洗ってないかも!』と感じた方。今日から早速、丁寧に優しく洗ってあげて!
案外、それだけでニオイの悩みから開放出来るかもですよ~!!

それと注意してほしいのが一番デリケートな膣内。
ここは常に弱酸性に保たれ、雑菌の繁殖を防いでいます。
やたらと洗いすぎてしまうと必要な菌がなくなり、細菌が繁殖して逆効果です。
入り口部分を軽く洗う程度で十分です。

さて、気になるニオイを一日でも早く断ち切っちゃいましょう!
そうすることで、『シャワー浴びないと嫌!』と言い、ムードぶち壊し…。
なーんて事なく、自信持って、『もっと舐めたい』と言わせる位、愛されちゃいましょう!!




2015-08-10 | Posted in 子猫記事

関連記事