男性が女性に求める理想的な肌って、どんな肌?

アンケートでは、こんな声が。

“柔らかい。スベスベしている”
“ハリがあり、ツルンとしている”
う~ん、どうやら見た目だけでごまかせるようではないですね!

彼が離さない、触り心地、抱き心地の良い、愛され肌になるために…。
その方法を、いくつかご紹介しまーす。

★柔軟性を高めるストレッチ★

適度な運動をしている女性はコラーゲンの量が多く、肌にハリもあります。
ウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクスは心肺機能を高めてくれて、
エネルギーが効率よく産生される為、皮膚細胞の再生や修復能力が高まると言われています。
ですが忙しい毎日、そんなにたくさんの運動をする時間がない。
そもそも、運動が苦手…。

そんなアナタでも、毎日寝る前に少しだけストレッチをするだけで
魅力ある肌作りができますよ。
柔軟性は血流を良くし、ホルモンバランスを整えてくれます。

①床に座り、両足を広げられるところまで広げます。
②足を直角に立てた状態で、上体を前に倒せるところまで倒します。

③膝の裏の筋が伸びている感じがすれば、きちんとストレッチできている証拠です。
④前に倒した状態を10秒ほどキープし、元に戻します。これを5回繰り返します。

⑤次に、足の状態はそのままで、今度は左右に上体を倒します。
⑥同じように、膝裏の筋が伸びているのを感じながら10秒キープするのを
 片足につき5回繰り返します。

その他にも、仕事の合間に背筋を伸ばしてストレッチをする、
テレビを観ながら、ストレッチ。
生活の合間に簡単なストレッチを少しだけ加えてあげるだけで、
ずいぶん変わってくるので、試してみて下さい。

★生活習慣の見直し★

わかっているけど、なかなか…。そう言いながら、毎日ぐうたら生活を続けている事で、
愛され肌から遠のいていっていることに気付いてください!

●睡眠時間は7時間●

肌細胞は眠りについてから3時間~4時間後に細胞分裂が盛んになり、
新しい肌細胞を生み出してくれます。
細胞分裂にかかる時間は最低でも6時間と言われていますので、睡眠がキレイな肌をつくる、
ということですね。
ちなみに寝付きの悪い方は、寝る前に脳が興奮するといわれる以下の事に気をつけましょう。
・熱いお風呂に寝る一時間前に入らない
・寝る直前までテレビやパソコン、スマホを見ない
・お酒を飲み過ぎない

★もちもち肌をつくる食事を★

内臓からキレイにすることで、もちもちのつるつる肌を作ってくれます。
・ビタミンA…レバー、人参など。敏感肌の方にオススメ。
・ビタミンC…キウイフルーツ、柑橘類、じゃがいも。抗酸化作用があり、喫煙者は特に摂取して。
・ビタミンB…アーモンド、卵。新陳代謝をアップしてくれます。
・ビタミンE…魚、タラコなどの魚卵。肌のくすみが気になる方へ。

肌に必要な酵素などは、少し前から注目されていますが、やはり一番注意すべきは
夜、脂っこいものを食べたり、偏った食生活をしないことですね。

★お風呂で美肌★

お湯の温度は熱すぎないように、少しぬるめの40度位で
バスタブに浸かる時間は5~15分位がベスト。

熱いお風呂に入ってしまうと、肌の保湿成分を取ってしまい、
乾燥肌の原因にもつながるようです。
入浴後、タオルで吸い取るように水分を取り、
ボディクリームで保湿する事も乾燥を予防するためにお忘れなく。
また、入浴後のじゅうぶんに温まった、リンパの流れが良い状態でマッサージをするのも効果的です。
そのマッサージをする時に、プエラリア・ハーバルジェルを使用してみると、より効果があらわれるようです。
肌にハリを与える“プエラリアミリフィカ根エキス”が配合された、ボディジェルです。
お風呂あがりだけでなく、ムダ毛処理後などに塗って、マッサージしてあげると、
女性らしい、もっちりスベスベのシルクのような肌になり、触った時にふっくらと柔らかい感触に
なるようで、彼に一晩中、触られ続けた、という嬉しい声も!

かくいう私も、実はかなりのぐうたら人間で、
『そりゃあ、どこからどう見ても、完璧な美肌になりたいとは思うけど、めんどくさーい』と
思っていました。
でも、毎日少しづつ、上記の事を出来る事から始めていきました。
すると、やっぱり結果はついてきます!!
自分ではよくわからなかったけれど、彼のほうが先に気付きました。
“なんかスベスベして気持ちいい。”
そう言ってくれたら、もっと頑張ろう、って気になるってもんです。

外側からと、内側から肌をキレイにしてあげる事で、男性の好きな肌のキーワードである、
もちもち肌、ふわふわ肌、つるつる肌、スベスベ肌…

ぐうたら人間の私でも継続出来ています。
ぜひぜひ試してみてください!

すべてを持ちあわせて、愛され肌になりましょう♪

2015-08-30 | Posted in 子猫記事

関連記事