“付き合いだして長いので、だんだんHもマンネリ化してきた”
“結婚してから、だんだんHの回数が減ってきた”
“たまにはいつもと違う、刺激的なHがしてみたい!”

付き合いだした頃はすべてが新鮮で、彼とのHも毎回ドキドキ…。
ところが付き合う年数が経つにつれて、だんだんそんなドキドキ感もうすらいで、
義務的にするような感じさえしてきた。…なーんて悩みを持つ女性、案外多いのです。

そして、特に最近はHに対して淡白な男性が若い世代では増えてきているようで
少し前に『草食系男子』が増加、と言われていましたが、
いまや『断食系男子』が急増しているようです!

これは肉食女子にとっては危機ですよね!スルーすることはできません。
そこで、そんな『断食系男子』であってもアナタとのHを濃密にしてしまいたくなるような
また、彼とのマンネリ化を脱出したい!というアナタにいくつかのHをご紹介します☆

クリ派のアナタへ

普段なら、女性が脚を開いて膝を曲げ、男性が上にかぶさる、という正常位からスタートする
方が多いと思います。
でも実は、これってそんなに奥まで入らないらしいし、クリトリスにも刺激がいきづらいようです。
そこで、
☆男性の胴体を両足で密着させて締め上げる。
 そこでくっつきあったまま、男性が前後運動を始めると、男性の恥骨がクリトリスを
 刺激してくれるのです。
 体力に自信がない女性でも、男性にくっついているので、正常位よりも楽になるようです。
 アナタ自身も気持よくイク事が出来るし、そんなアナタに彼もより燃えるのでは?

中派のアナタへ

中派のアナタには、騎乗位がオススメ。自分で動いて、自分の一番気持ち良い場所を責める事が
できます。いつも相手任せにしていては、彼だってなんとなくマンネリを感じているかもしれません。
いつもとは違う、攻めのアナタを見て、彼自身も新鮮に感じるのではないでしょうか。

アナルセックス

アナルセックスを経験したことがある女性は大体30%と、やや低めではありますが、
妊娠しないというメリットもあり最初は驚く女性も多いのですが、
肛門は神経が集まっている場所なので刺激をすることで敏感になります。
肛門の中でお腹のほうに向かって刺激すると、直腸の隣にある膣や子宮の裏側にあたりやすいので
女性も訓練すれば感じるようになるようで、
『最初は嫌だったのですが、何度もしていたら結構好きになりました。』
『彼がしたいというので、一度してみたけど痛かった』
と、賛否両論。
これは、少し高度かもしれないのでマンネリ化でどうしよう!という二人に良い刺激かもしれませんね。
ただ注意してほしいのは、リラックスしてする事と、いきなり挿入ということはしないように。
アナルは膣よりも傷つきやすい粘膜なので、丁寧に優しくしなければなりません。
たとえばローションなどを塗ってあげると潤滑になるのでより良いです。

ラブローション

アナタはエッチの時に、ローションなどを使用した事はありますか?
ラブホテルなどに置いてあるので、利用した事がある方は多いと思います。

LCハーバルローションは無味無臭、無香料、とろとろの透明感。
潤い不足の潤滑ゼリーとしても使えますが、二人で楽しむ時にもオススメです。
独特のぬるぬる感がとってもなめらかな肌触りになり、いつもとは違う感触で楽しめるようです。
そして、LCからのオススメなのが一度 彼へのマッサージに使う事。
ローションをたっぷりと手に取り、両手で彼のペニスやタマタマにこすりつけてあげましょう。
彼がきっとやみつきになり、その彼の表情を見たいから!という事でリピーターになる女性も多いようです。
もちろん、ひとりHの時に潤滑ゼリーとしても、肌い潤いを与えてくれるので、オススメです。
彼と一緒にお風呂に入った時などに、バスタブのお湯に溶いて全身をマッサージしあう、というのも良いですね。

体位

今まで、ずっと正常位。そんな方、多いと思います。
他の体位も試してみたいけど、かといって過激すぎたり体力が必要なものは自信がない…。
そんなアナタへ、男性が女性の後ろから体を添わせるようにして挿入する方法もアリです。
正面からのキスも良いのですが、少し振り向いた状態のキスもなかなか良いし、後ろから胸を触られるのは、
前から触られるのと違った感覚が楽しめます。
わりと抵抗感なくできるので試してみる価値アリです。

いかがでしたか?男性のほとんどは、ちょっとエッチな女性は好きなはず。
少しだけ変化するだけで、彼とのHもずいぶん違うものに感じると思います。
大好きな彼と、ずっと一緒にHを楽しんで下さいね。

2015-09-11 | Posted in 子猫記事

関連記事