“この子とセックスがしたい”と思わせるような、女性としてのエロさがないと男性は興味を持ってくれないって知ってました!?

気になる男性がいるのであれば、その男性をムラムラさせることができれば、今後の二人の進展も早くなるのではないでしょうか?
“私にはエロさアピールは無理…”なーんて最初から思わずに、まずはすぐに実行出来るテクからチャレンジしてみては?
自分が思っている以上に、案外エロ素質が眠っている可能性大ですよん。

そこで今回は、男性をムラムラ、その気にさせちゃうテクをいくつかご紹介☆

前かがみで胸元がチラリ

ガッツリと胸元が開いている服では、案外男性はドキっとしないものです。
少し緩めの胸元で、前屈みになった時に、チラリと見えるかもしれない。
そんな少し油断を感じさせる胸元にドキドキを感じるようです。
チラ見せってやつですね~。
毎回同じように胸元が開いた服だと、だらしない女性だとレッテルを貼られてしまうので、意中の男性と今日は勝負!という日に、キメてみては?
彼の視線は釘付けになるはずです。
もちろん、見られてよい下着をつける事をお忘れなく~。

スカートで太ももを見せる

脚に自信がある人は、思い切ってミニスカートでもよいかも。
年齢的に、スタイル的に、ミニはちょっと…という方は、ひざ上あたりのスカートでもOK。
階段をあがる時、車に乗る時、風にふわりとなびくようなイメージして、
軽い素材のものをチョイスしてみて。
脚がふっと見え隠れする、もしかして、パンツ見えちゃうかも?
男性はそんな期待をせずにはいられません。
ただ細いだけではなく、ある程度の肉付きの良いキレイな脚に男性はついつい見とれてしまうので日頃から脚痩せや、膝のケアなどをして美脚を目指しましょう。
膝やかかとがガサガサして白く粉をふいたようになっていては、ゲンナリですよね。
LCラブコスメの『すあしびじん』は、ストッキングや素足でサンダルを履いたあとの気になる脚のニオイを消してくれて、膝やかかとのガサガサの角質もさっぱりと洗い流してくれて、美しい素足美人にしてくれます。
露出の多い季節は特に、そしてそして、乾燥してくる季節にも油断してはだめですよ。美は一日にしてならず!!
お試しあれ☆

フィット感ある服でブラのライン見せ

下着のラインは、下着そのものが見えるよりもエロイ。
とは男性の声。
ボディラインがわかる服で、ジャケットやカーディガンを“ちょっと暑くなってきたね”と脱いだ時にブラのラインが見えてムラムラ…なんて経験の男性も多いようです。
ほんの少し、隙をつくる事がポイントのようですね。
隙のない女性って、男性が敬遠しがちなんですよね…。
昔、『完璧すぎて隙がない。家でもかっちりとした服なんでしょう?』と、
好きな人に言われた経験あり。(泣)
好きな人に会うからこそ、完璧にして会っていたんですけどね…。
それが裏目に出てしまった、若かりし頃の私です。

足の組み換え

昔からよく言われる、王道といえば王道ですが
今も昔も、男性は、スカート姿の女性の足の組み換えに、もしかして見えるかも、というチラリズムを期待しているのです。

接触

混んでいる電車の中での密着や、飲み会のあとのタクシーの中など、
突然身体が触れることで、ドキっとしますし、
身体が密着すると、女性らしい柔らかさを相手に感じさせることができます。
彼も思わず抱きしめたくなるのではないでしょうか。
酔ったフリして…なんて王道も、アリです。

「脱ぎたい」

“暑い、脱ぎたい”何気ないひとことかもしれませんが、男性はその言葉に妄想しているようです。
春から夏へ、の季節などは特に使えそうですよね。
例えば、食事をしていて“暑くなっちゃった”などと言いながら、上着を一枚脱いだりすると彼は脳内妄想が始まっているかもしれません。

「濡れちゃった」

突然の雨に濡れてしまったり、うっかり飲み物をこぼすなどして服が濡れてしまった時などに使うと男性はどうしてもエロイ妄想しか出来なくなるはず。
梅雨の季節や夏の夕立の時などはチャンスが多いはず。

「グチョグチョになっちゃった」

これも、前の記述と共通することで、もうワンランク上の言い方です。
雨で靴が濡れてしまった時などに使うのですが、
髪から服、靴まで濡れてしまった状態でこれを言われてしまうと
「シャワー浴びるところへ…」と、彼の妄想はもうとまらないはずです。

「早いよ」

これも、彼の歩くスピードが早かったり、食べるのが早かったりする時に
使う言葉ですが男性からしたら、なんとなく…エッチのほうへと連想してしまいがちです。
この時わざと上目遣いで言ってみたりすると効果的かもしれません。

いかがでしたか?男性は女性が思っている以上にエッチな妄想をするのが
得意な生き物です。
気になる彼となかなか良いムードにならないでやきもきしているのならば、
いつもと違うムラムラ要素を見せてみては?
彼のほうがガマンできなくなるかもしれませんよ。

2015-09-28 | Posted in 子猫記事

関連記事