大好きな彼とあま~いとろけるようなキスがしたい!
そう願っている女性はたくさんいるはず。
男性だって、女性の唇は大好きという統計は出ています。

しかも男性は女性と会話する時につい見てしまう箇所は唇。
男性にとって唇は女性の魅力を感じる箇所なのです。

うっとりする唇は、潤った唇。
潤った唇、と言われると、まず多くの女性が手に取るのがリップやグロス。
でも男性は、そのグロスやリップがたっぷりと付いた唇が好みかと言うと実はそうではないんですよね~。

アンケートによると、キスをした際にベトっとしたグロスやリップが付くのが嫌だ、
色がべったり付きそうなルージュも嫌。という結果が出ています。
男性が思わずキスしたい!と思わせる唇とは、ただグロスやリップを付けてツヤツヤに見せる
ということではないようです。
例えば、まだキスまで発展しない、という相手になら視覚効果だけで良いので、
たっぷりグロスもアリですが。
いつキスがやってくるかわかんないような関係になっているのであれば、
見た目だけでなく、触覚を大事にしなければならない、って事なんですよね!

男性を本能的に「この子とキスがしたい!」と思わせるには…??
そんな唇になるための方法と、やってはいけないNG行動をいくつかご紹介★

リップクリームの使い方

・食後に唇が汚れた状態(食べ物の脂がついた状態など)で、そのままリップクリームを
 塗ると、逆に唇が荒れる原因となります。
 必ず唇を拭くなどして、キレイな状態で付けましょう。
・頻繁に付け過ぎると、唇に本来ある水分すらも閉じ込めてしまうので、ほどほどに。

唇をなめる

・唇がカサカサするからといって、舐めてしまうと、唇の水分が奪われてしまい、
 余計にカサカサが増してしまいます。ついやってしまいがちな事ですが、避けましょう。

栄養をしっかりと摂る

・体調不良や栄養不足による肌荒れは、唇にすぐあらわれるようです。
 ビタミンCやビタミンB、そして、特にビタミンB2を多く含んだ食品を摂取すると良いそうです。
 例えば、レバー、納豆、ブロッコリー、うなぎ、ほうれん草などに多く含まれています。
 ビタミンB2には、皮膚や口の粘膜を正常に保つ働きがあるとのこと。

エクササイズで唇の血行を良くする

・年齢とともに、悲しいことに唇のふっくらした感じがなくなってきます。
 まず、上下の唇を軽く口の内側に巻き込んで10秒。
 唇の間から下を挟んで出し、舌に力を入れる。
 舌を抜き、口を閉じたまま唇を巻き込む。
 最後に勢い良く“パッ”と音をだすように口を開く。

唇にも表情を

・表情の明るい女性って、男性のみならず、同性であっても魅力的です。
 明るい表情にするためには、口角が上がった状態にする事。
 口角が下がっていると、怒ったり悲しんでいるように見えるし、上がっていると
 楽しく朗らかに見えます。
 明るいオーラの女性に多くの男性は惹かれるといいます。
 まずは、一日の始まりの朝、「あ・い・う・え・お」と口を大きく動かせて、
 表情のある唇を作りましょう。
 この時、鏡の前でチェックしながらやってみると、自分の表情がどう変化するかもわかるので 
 やってみましょう。

入浴前

 ・クレンジングで優しくメイク汚れを落とした後、
 リップクリームを塗ってバスタブに浸かってみてください。
 お風呂に充満する湯気がスチームとなり、また、血行が良くなっているのでより
 保湿効果が高まります。
 ある程度、温まったら、指の腹でマッサージしてあげてください。

お風呂あがりのお手入れ

・お風呂あがりから1時間以内の、血行が良い状態の時に、はちみつを薄く塗って
 上からラップをして10分間。保湿と栄養が一度に補給されます。

寝る前のお手入れ

・化粧水や美容液をたっぷりつけて、上からラップ。
 これは、エステティシャンからおしえてもらったのですが
 唇がひどく荒れてカサカサの時にかなり効果が実感できます。補足ですが
 この時に、一緒に手の甲にハンドクリームをつけてラップをしてあげると
 ツヤツヤの潤いある手になりますよ~。ひび割れガサガサともおさらばできます。
 乾燥が気になる季節、これはホントに試してみる価値アリ。

これらのお手入れやエクササイズ、やってはいけない事を守りつつ、
さらに彼がキスしたくなるような唇を完成させるアイテムをご紹介。

LCラブコスメのロングラン人気商品、植物由来の美容成分たっぷり&フェロモン入りのキス力応援コスメ、ヌレヌレ
ぷっくりしたツヤ感、輝きが植物由来の美容成分で実現。

普通のグロスやリップと違って、キスをした時に男性に不快感を与えない事を重視して
開発されている為、見た目はツヤツヤなのに、ベタっとした感じがなく、
気持ち良いと思わせる、程よい粘度です。
この粘度感が、もっとキスしたい、離したくないと思わせるしっとり感で、
しかも、男性を刺激させる香り成分「オスモフェリン」が配合されているので
その香りは男性が本能的に求めてしまうので、キスが止められなくなる気分にさせてしまうそう。

フレーバーも、ベリー系やマスカット、ローズなどなど
5種類あり、キスのシーンや彼のタイプに合わせて変えてみるのもアリですよね~!

“最近彼とのキスの回数が減ってきた”“彼はあまりキスが好きじゃない”
そんな悩みを持つ女性も、彼がついついキスしたくなるような唇になって、キスの嵐!なーんて事も…☆☆☆
キスすると幸福度が増す、と感じる女子はたくさんいます。で、幸せ感じると、女子ってとってもキレイになるんです。
自分自身の為にも、そして、大好きな彼の為にも!!日々、ほんの少しお手入れしてあげて、
とろけるような甘い時間を過ごしてくださいね~。

2015-11-21 | Posted in 子猫記事

関連記事