日常で調教され続けるドMな私…(後半)

一気に口の中へ全て咥え込んでからゆっくりと抜き、ジュルルと下品な音を立てて再び喉奥まで強く吸い上げる。

必死に口を動かしながらグチョグチョに汚れた下着や邪魔なスカートを脱ぎ捨てる。

器用にシャツも脱ぎ去って自ら一糸まとわぬ姿になった。

ベッドの上で尻を高く上げた四つん這いになりジュボジュボと奉仕する姿を彼は満足気な目で見ながら彼女の背中を撫でる。

そのまま手を滑らせ、尻に触れ、それからふやけそうなほど愛液を滴らせる割れ目に指を伸ばした。

くぱ、とそこを開く彼の指に絡みついた汁がヌチャと音をたてる。

「凄い濡れっぷり」

「んん…入れ、て…下さい、お願いぃ…」

女性向け官能小説トップ10(本日累計)