ある日突然わたしに許嫁がいることを告げられて…(後編)

「思っていたとおり、綺麗だ」

鑑賞するように衣服を脱ぎ去った美優の体を見つめ高貴は溜息混じりにそう漏らす。

小さなランプの灯りに照らされた白い腹を撫でるように指を滑らせると彼女はビクリと体を強ばらせた。

美優は顔を赤らめ、胸部や性器を隠そうと手で覆い太ももを擦り合わせる。

しかし「隠さないで」とその手をやんわりと退かされてしまった。

「や、恥ずかしい」

目を硬く閉じて顔を背ける彼女の顕になった首筋に男は唇を這わす。

ジュ、と強く吸い付くと少し痛かったようで彼女は小さく声を上げたが抵抗らしい抵抗は見せなかった。

首の、髪を下ろしていれば簡単に隠せるような位置に赤い鬱血が現れる。

彼はそのまま彼女の肌を撫でながら鎖骨、そして丸く膨らんだ乳房に口を寄せる。

いきなり鷲掴む事もなければ揉みしだくような事もせずただ慈しむように何度もキスを落とした。

羞恥心ともどかしい気持ちよさにその先端が少しだけ尖る。

「ぁっ…」

その敏感な尖りへ舌が絡みつくと思わず体が震え声が漏れた。

ぬる…と柔らかな舌がハケのように全体を撫で、唇に挟まれ軽く吸われるとどんどん息が荒くなる。

それに気を良くしたのか彼はもう片方の乳首も指先で刺激し始めた。

「はぁ…あ、んん…ひゃっ」

シーツに押し付けられた背中が汗ばんでいるのが自分でもわかる。

汗臭くないかな、やっぱり無理矢理にでもシャワーを浴びればよかった、とどうでもいいような考えが頭をよぎったがすぐにそんな冷静さを失う事となった。

彼の指が彼女の足の間に滑り込んだのだ。

「や、高貴…!」

「…なんですか」

彼の落ち着いた声に僅かに動揺しながら彼女は「本当に…するの?」と怖がる素振りを隠しもせずに訪ねる。

「…優しくしますから」そう言うと彼はもう一度深くキスをした。

「私も男ですから、どんな花よりあなたの蕾が見たいんですよ」

なんてね、と照れ笑いしながら彼女の腰、下腹それから硬く閉じた太腿にキスを落とす。

彼の唇が私に触れるたび体から力が抜けていく。

とろけた目で力なく体を横たわらせる美優の足を彼が押し広げた。

まるで覗きこむように自身もベッドに俯せてそこに近づく。

「あ!っや…あ」

女性向け官能小説トップ10(本日累計)