☆レイプで開花したカラダ(その5)クンニの舌使いがたまらなく感じすぎて求めてしまう。

☆レイプで開花したカラダ(その5)クンニの舌使いがたまらなく感じすぎて求めてしまう。

夫がいつものように出勤した後、今日は恩師が家に来る日・・・。あんなに嫌がっていたはずなのに、グロスを唇に塗って待っている自分がいるのです。そして寝室に待っていると、恩師が現れます。いつもよりキレイにお化粧した女性を見て、自分を待っていたんだと喜びます。そして早速ベットに押し倒し、女性は潤んだ目で恩師を見つめています。無理矢理な悲しい顔ではなく、完全に女としての抱いて欲しいという目です。そんな目で見つめられたら、恩師も興奮せずにはいられません。ゆっくりと優しく、そして時には強引に愛撫し始めます。脚を大きく広げておマンコに顔を埋めると「あん・・・」と声を出して悶始めます。チューチューと音を鳴らしながら、そして膣は手マンをされながらのクンニは、たまらなく気持ちよくなっていきます。あまりにも気持ちよくて、思わずイキそうになってしまいます。69の体位になり、自分から恩師のおチンチンを咥え欲しがってしまいます。ヌレヌレのおマンコにググッと挿入され、身を反らしながら感じていきます。騎乗位になると自ら腰をガンガン動かして、「もうダメ!」と叫びながらイッてしまいます!濃厚なセックスは中出しまでされてしまうのです。

動画を購入する >>
FavoriteLoadingこの動画をMYリストへ追加する

この動画を見た方はこちらのエッチ動画も見てます