無理やりレイプされた自分のカラダ・・・でも今度は自らクンニを要求!

無理やりレイプされた自分のカラダ・・・でも今度は自らクンニを要求!

小説家を目指し、図書館で働く女性2人は、通勤列車の中で痴漢に会ってしまいます。その痴漢された行為を小説にしてみたら意外とスラスラ書けたと前向きなことを言っている友人にビックリしてしまいます。次の日、今度は自分が痴漢にあってしまいます。必死で抵抗して何とかおさまったものの、そのシーンを図書館の館長に見られてしまいます。館長室に呼ばれて、小説家を目指すなら痴漢すらも文字にしないとダメだとおしかりを受けてしまいます。そしてこれも言葉にするんだと、無理やりレイプされてしまいます。必死で抵抗しても男性の力にはかないません。そしておマンコをチューチュー吸われてしまうと、思わず感じてしまった自分がいるのです。家に帰り、その経験を思い出しながらパソコンに向かうと、驚くほどに文字が進むのです。自分のカラダがどんどん変化していくのを感じながら、館長に何度も求められてしまいます。誰もいない夕方の図書館で、自らおマンコを差し出しクンニされてしまうまで調教されてしまいます。立ったまま激しく突かれて中出しまでされてしまいます。そしてそのお陰で出版までこぎつけるのです。

動画を購入する >>
FavoriteLoadingこの動画をMYリストへ追加する

この動画を見た方はこちらのエッチ動画も見てます