ヤリチンと噂の上司のテクニックの虜になってしまった私・・・

今の会社に入ってもうやがて8年だ。仕事の内容も退屈。

毎日同じ作業の繰り返しで新鮮味も面白みもない。

いつの間にか過ぎていった時間がもったいないような気がして転職を決意したのは29歳の時だった。

本当は工場機械相手の仕事なんかではなく人と関わる仕事がしたかった。

専門学生の頃にしたレストランのホールで接客のアルバイトが楽しかったからだ。

しかし30手前にしてまたレストランのホールもなぁ…ハードルは高いが派遣に登録し

ショッピングモールの派遣社員でバッグや小物の販売する仕事を選んだ。

女性ばかりの売り場で、各々自由な接客スタイルでもありのびのびと接客する事ができたし、

同じお店の先輩スタッフは接客業というだけあって気さくな人ばかりですぐに打ち解けることができた。

時々ブランドの本部から男性マネージャーがやってくる。

マネージャーとしては若い方で30代前半位だったが

頭の回転が早く仕事はよく出来ていつもにみんなににこやかに接するタイプだ。

そういうわけで社内での「仕事上での評判」は良かった。

そんなマネージャーも本当は裏の顔があると先輩スタッフに忠告された事がある。

ビックリするくらい女たらしで手が早いのだ。

年齢を問わず目をつけたスタッフに次々に手を出す男だった。

ブランドのマネージャーということもあり見てくれも清潔感がありオシャレでどこか色気がある。

そんなマネージャーが誘えば断らない女は居なかった。

私も周りにその事を忠告されていたのにもかかわらず、

私はまんまとマネージャーの手に引っかかってしまった。

意思に反して襲われるようなレイプじみた事ではないので

引っかかるという言葉には語弊があるかもしれないが(笑)

トップ10(本日累計)