これって性交痛?痛いSEXの原因と解消方法まとめ

これって性交痛?痛いSEXの原因と解消方法まとめのサムネイル画像

何回経験してもSEXが痛くてつらい…

最近濡れにくくてSEXが痛く感じる…

こういった性交痛やSEXの悩みは、彼にはもちろん友人にもなかなか相談し辛いものですよね。

もしかすると私だけ??と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

女性の体は男性とは違い、ある程度「気持ちと体の準備」が出来ていないと気持ちいいと感じれず「痛み」を感じる事も多いのです。

しかし、彼とのSEXで毎回痛みがあるのは苦痛ですし、それが原因でセックスレスになってしまったり、関係がギクシャクしてしまうのは嫌ですよね。

では、どうすれば痛くならないのでしょうか??

SEXが痛くなる原因や、その解消方法などを調査したのでご紹介していきますね!

SEXで痛みを感じる『性交痛』とは?

性交痛とはどんな症状があって、どれくらいの女性が経験した事があるのでしょうか。

性交痛とは?どんな症状があるの?

性交痛とは、SEXの前や最中、終わった後に痛みを感じたり、性器に触れるだけでもヒリヒリしたりする症状の事を言います。

  • 挿入時に出血する事がある
  • セックスの前後、最中に痛みを感じる
  • 奥まで突かれると痛い
  • 彼のペニスや指すら入らない

これらの他にも様々な痛みがある性交痛ですが、なんと約90%もの女性が経験しており、4人に3人の女性がSEX中になんらかの痛みを感じているという調査結果もあるほど。

また、痛みを感じている女性のほとんどが、「雰囲気を壊したくないから」という理由でじっと耐えている事も同時に判明しています。

どんな時に痛みがある?その多くの原因は「濡れてない」から!

性交痛のほとんどの原因として挙げられるのが「濡れ不足」と言われています。

  • 自分がやりたくない時にSEXした
  • 前戯もほどほどに無理やりされた時

これら2つの他にも原因は様々ですが、性交痛のほとんどの要因は膣内が十分に濡れておらず、スムーズな挿入が出来ずに痛みが生じるのです。

Q&A:そもそもどうして濡れるの??

女性のアソコが「濡れる」という現象は、ざっくり説明すると膣が汗をかく感じです。

女性は性的な興奮が高まると、下半身に血液が流れ込み、膣壁周辺の毛細血管が拡張して、血管の壁を圧迫する事でその隙間から潤滑液(愛液)が漏れ出してきます。

これが属に言う「濡れる」というメカニズムです。

少しむずかしい表現になりましたが、夏場、気温が高く血行がよくなると体中から汗が出るのと実は同じ現象なのです。

性交痛が起こる原因

SEXに痛みを感じる原因は「濡れない」だけではなく、逆に濡れていても痛い時もあれば、性的興奮を覚えても濡れない事があります。

その原因は一体なんでしょうか?

精神的な問題

SEX=痛い、恐い、というネガティブなイメージが強い場合、性交痛を感じる事があるようです。

過去のトラウマ(レイプや初めてのSEXが痛かった等)

彼への不信感

妊娠に対する恐怖

久しぶりのSEXで緊張する

などなど、頭の中にあるこれらのイメージや少しの感情の揺れがあることで、いつもより緊張して交感神経がたかぶり、膣内が濡れにくくなってしまいます。

前戯不足

キスやボディタッチによって分泌されるオキシトシンというホルモンは、性的刺激を受ける事で性器を充血させて膣内を濡らし潤滑にさせます。

しかし、愛撫不足になると十分に濡れず痛みを感じるようになってしまうのです。

また、痛いセックスを我慢すると、無意識に交感神経が働き、腟の血管が収縮し、そのまま続ける事でさらに濡れにくく痛みが増す場合もあります。

もしかして愛情不足?!

お互いの愛情不足でも痛いセックスにつながってしまう事があります。

男性が女性に対して愛情や愛おしさがあれば、おのずと丁寧に前戯をしたり、痛くないか確認してくれたりしますよね。

これは女性側にも言える事で、男性に対して愛情や愛おしさを感じていなければオキシトシンが分泌されず膣内が濡れにくくなります。

愛情があれば、痛いセックスをし続ける事にはならないのです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが崩れによって、膣が濡れにくくなってしまうパターンもあります。

女性ホルモンのバランスはとてもデリケートで、日常の些細な事でもバランスを崩してしまいます。

ストレス

極端なダイエット

不規則な生活

食生活の乱れ

これらの要因とは別に、女性特有の出産・更年期といったホルモンバランスが変化する時期も濡れにくくなると言われています。

《更年期》

女性は45~55歳くらいの時期に女性ホルモンの一つである「エストロゲン」が欠乏して更年期の様々な不快症状と同時に、濡れにくくなる性交痛を引き起こします。

エストロゲンは、全身の肌や髪、粘膜等を正常に保つ働きを担っていますが、減少する事により膣も乾燥し濡れにくくなる他、粘膜がもろくなるため摩擦で痛みを伴い出血をする場合もあります。

《出産》

出産後は、ホルモンバランスが通常と異なり、エストロゲンの分泌が減少し、母乳を促すプロラクチンの分泌が優位になります。

先述したように、エストロゲンが全身の潤いを担っている事から、産後は膣も濡れにくくなってしまいます。

また、会陰切開や裂傷の跡がある場合は、また会陰が切れてしまうのでは?という精神的な不安や緊張によって交感神経が働き濡れにくくなってしまう事も一つの要因です。

生理前

生理前は、膣内が充血し収縮しやすくなるため、膣が普段より柔らかくなり子宮口も降りてくるので挿入時にいつもより奥に届きやすくなります。

そのため、バック等深く挿入される体位で男性が激しく動く事で痛みを感じる事も。

また、生理前は便秘気味になる事がありますが、膣と隣り合った腸が便秘によって腸内が圧迫されていると、生理前で柔らかくなっている状態に挿入される事で腸まで刺激が届き痛みを感じる場合もあります。

もともと重度の便秘の場合は、激しい動きによって膣内や腸内が炎症を起こす可能性もあるため、痛みを強く感じる場合はセックスを控えた方が良いでしょう。

体質

生まれつき膣が狭い、外陰部や膣に傷がある場合や、ごく稀なケースで恥骨の変形が原因で痛みを感じる方もいるようです。

もし濡れているのに痛みを感じる場合は一度産婦人科を受診してみましょう。

他にも、使用しているコンドームと体質が原因で痛みを感じる場合も。

コンドームの材質は主に2種類あります。

▼天然ゴム・ラテックス製

▼ポリウレタン製

この2つのうち、ゴム・ラテックス製のコンドームはアレルギーを引き起こす可能性も!

もともとゴム手袋や絆創膏で肌荒れしたり、バナナ等の果物で蕁麻疹が出た事がある方は、コンドームの材質がウレタン製のものを使ってみましょう。

冷え・血行不良

元々冷え性であったり、気温の低い時は特に性器周辺の毛細血管が収縮して濡れにくくなってしまう事があります。

また、冷えでも血行不良になりやすくなりますが、普段から水分摂取量が少ない人や、極端なダイエットをしている人も同様に血液循環が悪くなってしまいます。

体位が合わない

毎回性交痛を伴う方の中には、子宮後屈の場合も考えられます。

通常、子宮はおへそ側に倒れています。しかし、子宮後屈の子宮は、背中側に倒れています。
子宮が後ろに倒れている事で、挿入時に子宮の裏側と腸管との間に当たり、痛みが伴ってしまうそうです。

病気というわけではありませんが、体位が正常位だとちょうど痛い部分に当たってしまうのです。

感染症や炎症

色んな方法を試してみても、何か違う。
前戯はしっかりと時間をかけているのに、痛みを感じる。
そんな悩みを抱えている方は、
性交痛の原因を産婦人科で調べてもらう事をおすすめします。

痛みを我慢していくうちに、傷がついていたりして炎症を起こしている場合も考えられます。

痛いSEXからの脱却方法

セックスの時の痛みを我慢すると、どんどんセックスが嫌いになったり、膣が炎症を起こしてしまう事もあります。

まずは、パートナーと上手くコミュニケーションを取ったり、自分で出来るケアで性交痛を解消してみましょう。

彼に理解してもらう

性交痛がある時にまずする事は、彼にセックス中の痛みがある事をきちんと伝える事からはじめましょう。

とはいえ、伝え方も一つの悩みですよね。

ただ、「痛い!」とストレートにダメ出しするように伝えてしまうと、彼のプライドが傷ついてしまうので、上手に伝える方法をご紹介しますね。

《激しい動きで痛い時》

⇒「ゆっくりの方が気持ちいいな」

前戯で痛みを感じる時や激しく動かれた時はこのセリフが効果大。

痛いと言うよりも、◯◯の方が気持ちいと置き換えて伝える事で言い回しがソフトになり、彼の自尊心も傷つきにくいのでぜひ試してみてください。

《挿入後すぐ動かれて痛い時》

⇒「そのままじっとしててほしい」

挿入直後すぐ動くと痛みを感じる場合がありますよね。

そんな時は、やんわり動かないでもらうように伝えてみましょう。

ただ抱き合う時間を作るだけでも、オキシトシンの分泌にも繋がりますので痛くなりにくくなりますよ。

《何をしても痛い時》

⇒「粘膜が弱いみたいで…」

これは、セックスの前に伝えておくと◎。

女性器は傷つきやすく、前戯だけでも炎症や出血を伴う事があります。

刺激すれば気持ちいいと勘違いしている男性も多いので、さりげなく「粘膜が弱いから、強くされると病院に行かないと行けないかも・・・」と伝えておきましょう。

しっかり前戯してもらう

元々の体質や精神的な問題等からくる性交痛は、セックス前の段階や前戯を見直しましょう。

  • パートナーとのスキンシップを増やす
  • 相手の男性としっかりコミュニケーションをとる
  • 前戯をいつもより長めにしてもらう

このように、パートナーとの信頼関係を築き、スキンシップによってリラックスする事で濡れやすくなってきますよ。

また、前戯では運動をする前のストレッチのように、膣をほぐす柔軟運動をする事も重要です。

やり方のポイントは3つ。

①彼の指をゆっくり挿入してもらう

②上下・左右円を描くようにゆっくり広げるように動かす

③3~5分程度しっかりと濡れるまでじっくりほぐす

愛液が出て挿入できそうであればそのまま挿入してもらいますが、もし痛みがある場合は挿入後一旦そのままじっとして馴染ませる事で、女性側の痛みが軽減されますよ。

体を冷やさない

先述したように、体が冷えてしまうと血流が悪くなり濡れにくくなってしまいます。

元々冷え性の方や冬場など気温が低い時等は、セックスの前準備も兼ねて体を温めてみましょう。

おすすめなのは入浴です。

38~40℃のお湯に全身浴で15~20分程度浸かるだけで、全身が温まりリラックスする事も出来るので一石二鳥ですよ。

お風呂上がりは、しっかりと水分補給する事も忘れずに。

濡れにくくなる主な原因は、「冷え・水分不足・空腹」とも言われている上、これらは女性ホルモンの乱れにも関係しています。

性交痛はもとより、自分の体を整える意味でも日頃の生活習慣にも気を配ってみましょう。

体位を変えてみる

生理前や子宮後屈で痛みを感じる場合は、体位を変える事でも痛みを予防する事が出来ます。

痛みを感じない体位は人によって差がありますが、女性側が自分で挿入を調整出来る騎乗位がおすすめです。

パートナーと協力して、痛みを感じにくい体位を見つけてお互いにセックスを楽しみましょう。

洗いすぎに注意

膣の乾燥には、洗いすぎも原因の一つと考えられます。

陰部の洗いすぎは、若い世代でも必要な常在菌を取り除いてしまい、特に更年期以降や妊娠・出産後の女性は女性ホルモンのバランスが通常とは違い、エストロゲンが低下しています。

そのため、洗いすぎでなくても潤いや常在菌も少なくなり、バリア機能が低下し炎症を起こす事も考える為注意が必要です。

濡れにくい・乾燥が気になる方は、普段体を洗う石鹸やボディーソープは使用せず、デリケートゾーン専用の洗浄剤を使うようにしましょう。

⇒おすすめのデリケートゾーン専用ソープを見る

ローションを活用する

いろいろ努力はしたけど濡れない…

そもそも感じにくい…

手っ取り早く潤いがほしい!

そんな方は、ローションなどを女性の敏感な部分になじませてマッサージするのもオススメです。

女性の体はとてもデリケートで、ちょっとした環境の変化やストレスでも濡れにくくなってしまう事もあり、結構悩んでいる人も多いのが事実。

決して、恥ずかしい事でも抵抗を感じる事もない、ごくごく自然な事なのでぜひとも活用していきましょう。

とはいえ、デリケートな部分だし、何を塗れば良いのかわからないというのもありますよね。

そんな方にオススメするのが『ラブコスメリュイール』です。

なめらかで、美容液のような触り心地で、女性の肌に優しい植物素材で出来ているので安心して使用できます。

また、ラブコスメリュイールは女性のデリケートな部分の感度を目覚めさせ潤いを与えるハーブを使用しているので、いつもより感じる事ができちゃいます。

コンパクトで化粧ポーチに入るサイズなので、持ち歩いている女性も。
これで悩みが解消されて、愛用している女性も多いみたいですよ。

⇒ラブコスメリュイールを公式サイトで見る

まとめ

いかがでしたか?

性交痛や濡れないという悩みは、多くの女性が抱える悩みでもあります。

恥ずかしがらずアイテムを使ったり、一緒に楽しめるように自分ひとりで悩まずパートナーにも自分の気持ちを正直にきちんと話して理解してもらい解決していきましょう。

せっかくの彼とのラブタイム、痛みを解消してお互いに気持ちのいいセックスを楽しみましょう!

2015-08-12 | Posted in ナイトライフ

他の女性向けコラム記事