脳で感じる脳感サプリ
女性の想像力はエロスの極み…性的に高揚する感情は女性を妖艶に。 サイトへの再訪問は『官能小説 子猫たん』 で検索してね
no image ひとりエッチ

自分を壊すオナニーで気持ちよくなりすぎて…

作・青井七海
官能小説が無料で読める ちょっとエッチな子猫たん
ある夜、私のスマホに差出人不明のメールが届いた。 本文には短いURLと、九つの文字だけが入力されている。 普段ならこんなもの、迷惑メールとしてすぐに削除して終わりだ。 …
blank マニアック

えっちな道具を使われて、最後は無理やり…

36,452 views 作・青井七海
官能小説が無料で読める ちょっとエッチな子猫たん
「紹介しよう。これが今回試用してもらう、パンパンパンツ~無限二穴ピストン疑似射精機能付きマシーン☆ちょっと太めVer~だ」 そう言って、博士がうきうきと差し出してきたマシーン …
blank 痴漢・レイプ

女子校生レイプ…彼氏から売られてしまい…

19,802 views 作・HIKARUKO
官能小説が無料で読める ちょっとエッチな子猫たん
「…え…う…嘘でしょ?」 少女は驚きのあまり目を大きく見開いて男を見た。 何かの冗談だろう、タチの悪いイタズラ、そう思いたい一心か口元が不自然に笑った。 胸が締め …
blank 痴漢・レイプ

しゅ、主人にだけは…言わないで下さい…

17,038 views 作・HIKARUKO
官能小説が無料で読める ちょっとエッチな子猫たん
「旦那さんの会社に知られたくはないんですよね」 ……… ……… ……… 怯(おび)える希美(のぞみ)に見せつけるように、男はニヤニヤ笑いながら彼女の免許証を目の前に …
blank 痴漢・レイプ

バスの中で痴漢に遭った体験談を告白…

18,978 views 作・HIKARUKO
官能小説が無料で読める ちょっとエッチな子猫たん
この話は私が実際に体験したものです。 学生の頃、夏休みに遠方に住む祖母に会いに行くために初めて長距離バスに乗ったときのことです。 身バレが怖いので地名は伏せさせていた …