学生もの

初めての潮吹き…♡

素敵な彼氏を見つけて週末はデート。

程よくバイトしてオシャレも楽しんで・・・

なんて大学生活を夢見ていた。

でもある1人の初対面の男にぶち壊されるなんて思ってもみなかった。

入学して一月も経たない時に目の前に立った男。

まるで知り合いかのように

「ねぇ、俺マジ凄いよ!潮吹きしたくない?」

初対面の男にこんな言葉を投げつけられたら通報するのが妥当だろう。

友人達には「あれ、あんたの友達??」と引いた顔で苦笑され、

密かに片思いしてた男の子には無言で冷めた目を向けられ、

せっかく入った大学での私の青春は「潮吹き」という単語ただ1つでぶち壊されてしまった。

「結構です!」と断っても次の休み時間には目の前に現れて

“今夜一発ヤろうよ!”

だとか

“イかせまくってあげる!”

だとか…お陰で、スクールカウンセラーに相談しようか、

しばらく休学してしまおうかとまで思いつめている。

なんであんな変態のせいで私が辛い思いしなきゃならないの?

1人俯きながら図書館へ向かう途中、

またも自称テクニシャン男に遭遇してしまった。

1 2 3 4 5
RELATED NOVEL
blank 学生もの

後輩ワンコくんの大きなアレで…

2,788 views 作・青井 七海
官能小説が無料で読める ちょっとエッチな子猫たん
私、佐伯ひな子は高校一年生のときから、男子水泳部のマネージャーをしている。 慣れない部活動にワタワタしていたのはこの前のはずなのに、気がつけばもう二年生になっていた。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です