旦那に内緒で合コンへ…気持ちとは裏腹に…でもカラダは…

お願い!合コンセッティングして!

32歳にして、なかなか彼氏ができない幼馴染、麻美が私に言ってきた。

とはいえ、私菜摘はまだまだ結婚1年目の新妻。

それは麻美も知ってるが、なかなかセッティングしてくれる人がいないらしい。

「仮に合コン人数揃ったとしてもさぁ、32にして彼氏ナシの独身あと2人周りにいる?!」

すると麻美が、「なら菜摘が出れば良いじゃん!結婚してる事黙っとくからさ!お願い!寂しいゴールデンウイークは避けたいんだよ…あと一人は若菜がいるからさ!ね?!」

いいのかな…と思いつつも、最近倦怠期で旦那との仲はまずまず。
今日も、旦那が出張で居ないから麻美が泊まりに来てるわけで。

「…旦那には会社の飲み会って言って行けば良いか!」

と、息抜き感覚で承諾してしまったのだ。

「ありがとーー!菜摘の会社男の人多いから、聞いてみてよ!」

女性向け官能小説トップ10(本日累計)