マニアック

こんな快感…味わったことない…!

目を覚ますと、まったく知らない場所にいた。

ここはどこか、

どういう状況なのか、

それを探ろうと首を動かす。

しかしなぜか動かない。

固定されてる?

しかたなく視線だけを動かしてみた。
………

………
「お、起きたねーまゆらちゃん」

あたしの名前を呼ぶのは知らない人だ。

声を出そうにも、どうやらガムテープのようなものが貼りついていて、

声も出せない状況なんだけど………。

「おびえてるの?可愛いね」

誰このイケメンは…………

「覚えてない表情だね。教えてあげようか?」

あたしは大きく縦に首を振った。

「さっきまでカラオケに二人きりでしたー。そしてキスしましたー」

そこまでは思い出してきた。

「まゆらちゃんがトイレ行きましたー。そこで俺が飲み物に睡眠薬と媚薬入れましたー」

「!?」

「戻ってきたまゆらちゃんはそれを飲みましたー。……続きはわかるよね?」
………

………
そうだ。

そうだった。

なんかトイレから戻ったら妙に歌わされて、喉乾いたからリンゴジュースを一気飲みして……

あー、思い出した。

それから記憶がなくなってきて、

さらにあたし……欲求不満になって…………

「そこで問題です。なぜ俺は欲求不満のまゆらちゃんを縛っているんでしょうか!」

本当に謎すぎる。

だってまだ………なにもしてないし。

「はい。時間切れ―。正解は……」

そう言いながらあたしの顔面ギリギリまで近寄ってきた。

あたしはキスされるかと思ったら、にっこりと笑う。

「この媚薬効果を試したかったからですーー!!」

そう話すとあたしの口に貼っていたテープを取ってくれた。

少し乱暴だったけど、欲情しているあたしには特に痛みと感じない。

1 2 3 4 5
RELATED NOVEL

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です