恋のはじまり

プールでの…激しすぎます…

「あーー!」

あたしは青葉早菜(あおばさな)。

絶賛コロナの影響と相まって体調不良で在宅OLしています。

今日あたしが叫んだのには訳があるんです。

テレビのニュースで、ようやく緊急事態宣言が解けると見ました!!

「良かったねー」

一緒住んでいる姉にニコニコしながら言われる。

「これで姉さんも貴也(たかや)兄さんに会いに行けるね」

「そうね。貴也さんに会いたいわぁ」

2年前に姉さんは、安藤貴也さんと結婚。

体調不良で姉さんが付き添ってくれていたが、そのおかげでコロナの緊急事態宣言が入ってしまい、貴也兄さんと暮らしていた稚内に帰れなくなってしまっていた。
………

………
「早菜の調子も良くなったし、安心して稚内に帰れるわ」

「ありがとう姉さん。っていうか…幸せ分けてーー。あたしも結婚したいーー」

「……早菜。姉だからハッキリ言うね」

急にまじめな表情になる。

「アンタ、太ったね」

「!!!!」

「まー体調不良とか在宅で仕方ないっちゃしかたないけど」

「ありがとう姉さんのおかげで気づけたわ……確かに最近身体重いなって思ってた」

「少しダイエット必要ね」

「よし、食事制限するぞーーっ」

「そんな早菜にいいものあげるね」

そして取り出したのは、とあるチケット。

「なにこれ。水泳スクール??」

「そう。貴也さんの同僚からいただいたの。けどあたしたち使わないから引き取りて探してたのよ」

「ふーん……」

「これでダイエットして、かっこいい彼氏作りなさい。かわいいあたしの妹よ」

あたしはそれに乗った。

目の前には“一石二鳥”のチケットが映る。

彼氏とダイエット。

両方いただきたい!!!

「姉さんもらうわ!そんでかっこいい彼氏ゲットする!!」

「がんばれー」

「うん!!」

1 2 3 4 5
RELATED NOVEL
blank 恋のはじまり

本当は甘えたかったの…素直になれない私…

1,029 views 作・HIKARUKO
官能小説が無料で読める ちょっとエッチな子猫たん
ハタチから26歳まで、女として一番綺麗な時間を無駄に過ごしていた事に気付き、若干イライラしながら乱暴に自転車を降りた。 大した理由じゃない、6年付き合ってた男と別れた、ただそ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です