学生もの

同級生から突然の…

神様は不公平だ。

世の中には、テレビに出るほどのとびっきりの美人もいれば

そこまでではないけれど、クラスの中にいると何故か華やかで男子から人気がある女子。

ごくごく普通で、当たり障りなく女子からも男子からも人気がある子。

頭がよくて先生から好かれている子。

そして、どの層にも値しない、地味なグループ。

そう、私は、笑おうが泣こうが誰も気づかないくらいのずっと地味な存在だった。

長い黒髪は野暮ったく飾り気のないゴムで縛っただけで

自分のような地味な人間が雑誌のモデル達のように巻いたり編み込んだりなんて

到底出来るわけもなかった。

そもそも、考えたこともなかった…といったほうが正しいだろう。

メイクどころか基本的なケア…化粧水をつけたり、

眉の手入れをしたりなんてこともしたことは無かった。

俗に言う『美』というものを意識することすら許されないのだと思っていた。

“恋をすれば女は変わる”

などというどこかの安いファッション誌のような戯言たわごとは信じていなかったが、

そんな私を春馬はるまは変えてくれた。

私にとっては、地球が360度回転する…それくらいのパワーを春馬はくれた。

1 2 3 4 5
RELATED NOVEL
blank 学生もの

冷たい月光

4,451 views 作・谷野 潤二郎
官能小説が無料で読める ちょっとエッチな子猫たん
八時限目の授業が終わって自分の教員室へ戻り、授業で使うパソコンやケーブル、クラス名簿やプリントなどの入った青色の手提げ鞄を応接用のテーブルに無雑作に置くと、その場でぐいっと両腕を上 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です