マニアック

宅配便の彼に無理やり…

このマンションに引っ越してきて一ヶ月。

私は一人暮らしを満喫していた。

このご時世のため最近は自宅で過ごす時間が増え、通販に頼る機会も多い。

だから必然的に、宅配便の配達員と顔を合わせることが多くなった。

「どーしよ……!緊張してきたっ」

私は玄関の前でうろうろしながら、チャイムが鳴るのを待った。

実はかっこいいなと思っていた宅配員のお兄さんに、昨日告白されたのだ。

明日から担当地域が変わってしまうので、迷惑かもしれませんが気持ちを伝えたくて!

と緊張しきった面持ちで好意を伝えてくれた。

今日は通販で買った洋服を配達してもらうことになっていて、その際にお返事する約束をしている。

もちろん答えはイエスだ。

――ピンポーン。

「き、きたっ!」

待ちかねていたチャイムの音である。

私は一度深呼吸をしてから、そっとドアを開けた。

「はい……」

「お届け物……です」

宅配員の彼は顔を真っ赤にして、私を見つめた。

告白の返事をここでするのは近所の目が気になる。

玄関に入るよう促すと、彼は黙って私の後についてドアを潜った。

「あの、これ、荷物っす」

「……ありがとうございます」

彼が差し出すドぎついピンクの小箱に腕を伸ばす。

私が買った洋服のブランドは、もっとシックな箱で送ってくるイメージがあったが、路線を変えたのだろうか。

「へ、返事、もらえますか」

「……っ!」

ドキッとして思わず手が滑る。

受け取りそこねた小箱が玄関の床に落下し、その拍子に封が破れて中身が飛び散った。

「あっ!すみません!」

「いえ、私こそ!」

二人同時にしゃがんで、落ちたものに手を伸ばし……しばし、固まる。

沈黙があたりを支配した。

散らばったのは、どれも買った覚えのないものばかりだ。

1 2 3 4
RELATED NOVEL

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です