恋のはじまり

私のすべてを見てほしいの

「やってる?」

「そんな居酒屋みたいに、入ってこないでください」

「ごめんごめん」

部室の扉を開けると、そこには後輩の結城ゆうきがすでに座っていた。

「しかし、寂しいね、私と結城の二人だけ、っていうのも」

「まあ、三年生の先輩たちが引退しちゃいましたからね。仕方ないですよ」

「そだね」

ここは美術室。

そして、私たち美術部の部室兼活動場所だ。

つい一週間前、三年生の先輩たち三人がこの美術部を引退した。

それまでも特別騒がしかったわけではなかった。

けれど、やはり部員の半分以上がいなくなって、私と結城の二人だけになってしまったのは少しだけ寂しかった。

「私の代も本当は後三人くらいいたんだけどね。結城が入ってくる少し前くらいからこなくなっちゃったからね」

この部活は特別厳しいわけではない、と思う。

むしろ、緩いくらいだ。出席すべき日もほとんどない。

けれど逆に、その奔放さのせいで、次第にその子たちは来なくなってしまった。

ここに残っている私と彼は、絵が好きだから、こうして残っている。

そうじゃないと、ここには意味を見出せないのだろう、きっと。

私たちは、放課後ほとんど毎日ここへきて、絵を描く。

私は気ままに好きなものを描いて(静物の時もあれば、風景の時もあるし、人の時もある)、彼は決まって、風景を描いている。

私は彼の絵がとても好きだ。

彼の生真面目さと、繊細さと、やさしさがにじんでいる。

人が良くないと、きっとこんな絵は描けない。

でも彼は、人間を描くのが得意ではないらしい。

自分以外の人間の体をまじまじと見つめたことが無いから、うまく形がとらえられない。

以前聞いたとき、彼はそんなことを言っていた。

私は、そんなものか、と思っていたけれど、彼の絵を見た瞬間からずっと思っていた。

彼の描く、人の絵を見てみたい、と。

「どうしたんですか、先輩。今日は描かないんですか?」

彼がカンバスから目を離して、ドアの近くで立ち尽くす私にそう聞いてきた。

「えっと、ね……」

先輩が卒業する少し前から、私は心に決めていたことがあった。

先輩たちが卒業してからもう一週間経っているのは、最後の最後で覚悟が決めきれなかったからだ。

私は、いつも使っている席に鞄を置いてから、彼に向き直った。

彼はまた、カンバスに目を向けている。

「ねぇ、結城」

「はい」

「私を描いてくれない?」

「はい?」

彼は、怪訝けげんそうな表情で、カンバスから目を離した。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
RELATED NOVEL

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です